老人性イボはヨクイニンで本当に治るの?

 

精白ハトムギの画像

 

加齢に伴い首回りや目元に出来るポツポツ…「老人性イボ」「スキンタッグ」と呼ばれているこのイボはヨクイニンで治ると言われていますが、そもそもヨクイニンとは何でしょうか?ヨクイニンにはどのような効果があるのでしょうか?

 

病院へ行かずに、ヨクイニンを使うだけで老人性イボが治ったら嬉しいですよね。老人性イボがヨクイニンで本当に治るのかをお伝えします。

 

ヨクイニンって何?

 

ヨクイニンはハトムギの皮を除いた粉から生成された漢方薬で、消炎作用や体の水分バランスを整える作用があると言われ、古くからから肌荒れやイボの治療に使われてきました。

 

ハトムギは、他の麦類に比べて、ビタミンB群、カリウム、カルシウム、鉄などが多く含れており、ヨクイニンはハトムギの良いところを凝縮した漢方と言われています。

 

また、ヨクイニンに含まれるコイクセノライドという成分が、皮膚の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを促進させるため、イボを小さくすることができるようです。

 

ヨクイニンは老人性イボを治す効果が期待できる漢方薬のようですね。

 

ヨクイニンはどうやって使うの?

 

では、このヨクイニンはどうやって使うのでしょうか?

 

調べてみると、さまざまな医薬品・製薬会社よりヨクイニンエキスを含む錠剤がたくさん売られているようです。

 

また、イボ治療薬として売られている、「イボコロリ内服錠」(横山製薬)は有名ですね。こちらも主成分がヨクイニンとなっています。

 

これらは錠剤なので、1日に適量を飲むだけです。薬局で売られている商品なので、手軽に手に入れられますよね。

 

老人性イボはヨクイニンで完治するの?

 

結論から言うと、ヨクイニンで老人性イボは治りますが、時間がかかってしまうようです!

 

というのも、錠剤タイプのヨクイニンは、皮膚全体をゆっくりと改善し、肌のターンオーバーを整えながらイボを小さくしていきます。

 

例えば、首に老人性イボができたとしても、そのイボをピンポイントで治すことは難しいのです。

 

そのため、完治するまでには時間がかかってしまうということですね。

 

実際に、老人性イボを除去するのに3か月から半年かかったという口コミが多かったです。

 

できることなら早く治したい老人性イボ…。他に何か方法はないのでしょうか?

 

そこでおすすめなのが化粧品を使ったイボケアです!

 

なぜかというと、化粧水やクリームであれば、老人性イボそのものに直接塗り込むこととができるからです。

 

つまり、ヨクイニン錠を飲むだけでは難しかった、ピンポイントの治療が可能というわけです。

 

そこで、シリーズ販売累計35万個を突破した艶つや習慣が人気を集めています。

 

艶つや習慣を1日3分〜5分を目安に艶つや習慣を塗り、丁寧にマッサージするだけで「老人性イボ」「スキンタッグ」と呼ばれているイボケア(角質ケア)とスキンケアが同時に出来ると話題のオールインワンジェルなんです♪

 

角質ケアのみならずスキンケアまで同時にケア出来るなんて効率的ですよね。

 

艶つや習慣で角質ケアとスキンケアのダブルケアしてみませんか?

 

 

 

>>艶つや習慣の公式サイトはこちら

 

20160121追加

 

 

 

関連ページ

意外と知らない!?老人性イボ対策!
気づいたら増えている老人性イボ、治療や対策もあります!意外と知らない老人性イボの原因や対策、治し方を調べました!