イボ全般について記事一覧

顔周りや背中など、気が付いたらイボが出来ていたなんてことありませんか?イボにはウイルスが原因で出来るものと、加齢などが原因で出来るものがあります。これから暖かくなってくると、肌の露出も増えるので余計に気になっちゃいますよね。今回はウイルス性と加齢によるイボの、原因と対処法を調べて比較してみました!ウイルス性のイボとは?「ヒトパピローマウイルス」というウイルスが原因で出来るイボを、ウイルス性疣贅と呼...

イボにはウイルス性のものや、加齢が原因でできたり種類や原因はたくさんあります。ケラチナミンが効くと言われていますが、どういったものが使われているのでしょうか?また、効果や成分を知っておいた方が抵抗なく使えますよね。そこで、今回はイボ治療に使われているケラチナミンの事を調べました!イボ治療に使われているケラチナミンとは?イボ治療で多く使われている塗り薬がケラチナミンコーワクリーム20%です。ケラチナ...

コンジローマというイボはあまり耳にしない方も多いと思いますが、イボの一種とされています。世界的に患者数は減少していない状況で、発症しても見つけにくいそうです。デリケートな事なのであまり人に聞いたりしづらいと思います。そこで、コンジローマの原因、治し方、予防法を調べました!イボの一種コンジローマって何?正式には尖圭(せんけい)コンジローマといい、性器とその周辺、肛門などにできる感染性のあるイボです。...

イボってなかなか治らないし、治療法に困ったりしますよね。漢方は体の内側から変えていってくれるので治りづらいイボ、体質改善におすすめ!漢方に馴染みのない方でも簡単に始められるように実際に病院などでも使われている種類などを調べました!漢方がイボに効果的な理由まず漢方とは、東洋医学のうちの中国医薬をもとに様々な植物などで作られた生薬を2種類以上混ぜたものです。効果的な理由としては、漢方薬を飲み続ける事に...

イボは一度できると繰り返しできたり、なかなか治らなかったりしますよね。治療する程でもないし、サプリとかで改善や予防ができたらいいなと思っている方も多くいらっしゃると思います。今回はイボに効果的なサプリがあるのか調べました!イボに効果があるサプリ実際にイボを良くするために飲まれているサプリの種類をご紹介します!ヨクイニン錠 SH新日本製薬から出ているヨクイニン錠SHは、皮膚のあれ、イボに効果あり。通...

実はイボ治療専用の市販薬って、意外とたくさん販売されているってご存じですか?市販薬なら手軽に手に入るし、自宅でセルフケアが出来るので便利ですよね。では、市販薬にはどんな種類のイボ治療薬があるんでしょうか?効果や価格などを調べて、比較してみました!イボの種類を見極めよう一括りにイボと言っても、種類は様々ですから症状に合った薬を選ばなくてはなりません。イボには大きく分けて2種類あり、ウイルス性のイボと...

気になるそのイボ、出来れば綺麗に治したいですよね。自分で治療する方法もありますが、時間や手間がかかりますし、間違った治療をしてしまうと悪化してしまうこともあります。確実に治療するなら、病院で切除してもらうのがいいでしょう。でも、イボを切除するための費用ってどのくらいかかるんでしょうか?健康保険も適用されるのか気になりますよね。治療別に比較してみました!病院で行われているイボの切除方法は?一般的に病...

病院で行われているイボ治療のひとつに、炭酸ガスレーザーを使用した治療法があります。イボの治療には一般的に凍結療法やヨクイニン内服などの方法がありますが、完全に取れるまで時間がかかります。一回では終わらないので、何度も治療を繰り返すことによって費用もかかってしまいますし、跡が残ってしまうこともあります。そこで注目されているのが炭酸ガスレーザー療法なのですが、一体どんなものなのでしょうか?具体的な治療...

イボには様々な治療法がありますが、一つの方法として凍結治療という方法があります。どんな治療法なのか、どんなふうに治していくのか、治療回数などイボが治るまでの凍結治療について調べました!凍結治療とはどんな治療法?液体窒素による凍結治療は、老人性イボに多く使われています。老人性イボとは、脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)、老人性有罪(ろうじんせいゆうぜい)の事です。凍結治療法は、-196°Cの液体...

ウイルス性のイボは、早期治療をしないとどんどん広がり、大変な事になってしまいます。最初は小さくポツンとしているイボは見分けがつきませんが、増えたり大きくなってくるので早期治療がとても大事です!なぜ大事かを調べてみたので、ご説明します!なぜ早期治療が大事?最初は目立たず、足の裏や手のひらにポコッとしているもの。傷や虫刺されだと思い放置しがちですが、実はイボの可能性が非常に高いです!一つだけだし、とそ...

気がついたら背中や首の辺りでイボが増えていた、なんて事ありませんか?スキンケアや年齢に関わらず、実はイボと言っても種類があり、中には感染するものがあるそうなのです!そこで、なぜ感染するのか?どうしたら防げるのか?家族や他人同士でも移るのか?病院で治療する事は可能なの?等、気になることを調べてみました。「やだ、また増えてる…」などと愕然とする前に、気になっている部分がある方はぜひ一度ご覧になってみて...

顔や首周り、デコルテなど目立つ部分にイボができてしまうとショックですよね…何だか老けて見えるし、小さな子供に病気なの?なんて聞かれたり。中でも首周りにできてしまうと、体の重要な部分だけにレーザー治療や液体窒素による治療ができるのか心配です。病院での治療以外にどんなお手入れができるのでしょう?また、イボは種類によっては悪性のガンの可能性もあると言いますが、首にできるものは安全なのかも調べてみました。...

自分でイボを取る為の方法は、今の時代ならばインターネットで検索するだけで実に様々な情報が出てきます。こんな成分の化粧品でスキンケアをするのが良いと言う理にかなった方法から、消しゴムを使うとか糸で縛るなど、本当なのかと疑いたくなるようなものまであります。そこで今回はどこのご家庭にもありそうな「ワセリン」でイボが取れるのか調べてみました。ワセリンでイボが取れるなら良いですが、果たしてどうなのでしょう?...

気が付いたらできている、摩訶不思議なイボ。首にできたり顔にできたり、もしかしたら自分では見えない場所にできていて家族に言われて気付くなんて事も。でも、見える場所にできても、それはそれで気になりますよね。特に手の甲にできたりすると、最初は湿疹なのかホクロなのか、虫刺されかも?と思って適切な処置ができないことも。手の甲にできるイボは何が原因なのか?どうやって取るのが良いのか?調べてみました。手の甲にイ...